低収入でも幸せな家庭を築く方法
※参考程度に思ってください。
昨年、突如会社が倒産し年収が半分になってしまい資金繰りに悪戦苦闘の毎日をおくっている父親。同じような境遇の方に少しでも参考になればと祈りながら今日も悪戦苦闘の資金繰りで暮らしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康保険限度額適用認定
苦しい状況のときは、色々難しい問題が重なるものです。

私も、会社が倒産して、即就職が出来たものの、収入は半分以下になり、それでも、奥さんと2人でなんとかやりくりをして生活をしていたのですが、突然、奥さんが大病を患い、手術・入院を繰り返すことになりました。
※この時は、さすがに目の前が真っ暗になる気持ちを始めて経験しました。
収入が半分以下になるので、契約していた生命保険は、全て解約をした後だったので

手術代や入院費が無い状況の中、少しでも手術代・入院費を節約するために以下の【健康保険限度額適用認定】を利用しましたので、ご紹介いたします。

■健康保険限度額適用認定とは

私たちが一般的に加入している社会保険制度の中の「健康保険」には、高額な医療費がかかった時、一定額以上を公的健康保険が還付してくれる高額療養費制度と言うのがあります。
一般的に病院にかかった時の自己負担額は70歳未満の人で3割負担というのは多くの方がご存知だと思います。
一例として:例えば3割負担の人が病院に入院などをして、100万円の医療費がかかったとします。
ですが、実際に負担する金額は3割の30万円となるのですが、所得制限以下の人ならば本来の自己負担額は8万7430円までとなります。
(自己負担額は上位所得者、一般、低所得者の3つで異なります。)
本来ならば30万円を支払うところが、「高額療養費」を申請する事によって、差額の21万2570円が後から戻って来るカタチとなります。

ただ実際に申請しても還付されるのが2〜3ヶ月後とタイムラグがあり、使い勝手を考え、現在(2012年4月現在)は前もって自分の加入する健康保険の窓口で「限度額適用認定証」を貰い病院で提示すれば、最初から自己負担限度額の額(この場合、8万7430円)で済むようになる手続きをすればタイムラグ無く支払い時で8万7430円で済みます。

自動的に会社などが申請してくれる場合もありますが、自分で申請しなければいけないケースもありますので、注意が必要です。
私に場合、事前に申請をして適用しました。


申請方法は、会社で加入している保険団体にお問い合わせください。
おそらく簡単な手続きで済むかと思います。

※私の場合は、ホームページから申請書をダウンロードして、その書類に記載したの送ったら、承認書が届いて、入院する病院に提出するだけですみました。


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 低収入でも幸せな家庭を築く方法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。