低収入でも幸せな家庭を築く方法
※参考程度に思ってください。
昨年、突如会社が倒産し年収が半分になってしまい資金繰りに悪戦苦闘の毎日をおくっている父親。同じような境遇の方に少しでも参考になればと祈りながら今日も悪戦苦闘の資金繰りで暮らしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
40代からの転職体験
前会社が倒産したとき、私は43才でした。
当時の勤めていた会社の社長が【ギブアップ宣言】をしたときは、正直、目の前が真っ暗になりました。
※人間が絶望したときって本当に目の前が真っ暗になるという体験をしました。(本当に、真っ暗になるんです!!!)

私の転職経験は20代後半の時が最後で、その時の感覚で就職活動をしたのですが、40代になるとなかなか面接すら辿りつけません。
※20代の時は応募すれば、ほぼ100%で面接をしてもらって、内定率も70〜80%くらいの確立で内定をもらったのですが・・・。
なんとか、面接にたどり着いても、面接官もそんなに私に興味をもった会話もなかなかしてもらえなかったです。

その時に経験したことですが、年をとってからの転職は、かなり【覚悟が必要!】だということです。
私の場合、職種がインターネットに関連する職種でしたので、応募はインターネットを中心にしましたが、経験上、以下の心得と覚悟をしておいた方が良いでしょう。

私が感じた40代の転職の心得として!!

◎応募は最終的に100社以上するくらいの覚悟でいましょう。私の場合、応募をして面接をしてもらえる確率は1割前後でした。(プログラマーなどの人気職種の人は、もっと確率は上がるかもしれませんが・・・)

◎職歴は詳しく!実績を多く入れる! 応募理由もなるべく詳しく書かないと、面接すらたどりつけません。

◎本当は、給与面を重視したいところですが、応募時に【希望給与】を書くと、面接までなかなかたどりつけなかったです。給与の事は面接時に話す方が良いかもしれません。(募集要項の給与の部分である程度、もらえそうな給与を予測して、あまりに低い給与を提示じている会社は、応募をしない方法で良いかと思います)

◎面接までたどりついた場合、応募する会社にアピールする資料は別途用意をしてアピールしましたが、今までの実績の資料以外に、応募する会社のこれからの事業展開に関する企画書(提案書)など持ったいったときは、2時面接・最終面接まで行った確率が高くなりました。

景気が持ち直しつつあるとはいえ、40代からの転職はかなり厳しいと思いますが、現状の会社の給料では生活ができない方は、1つの選択肢として考えても良いかもしれません。
【ですが!! 退職してからの就職活動は避けた方が良いでしょう! 在職中での転職活動の方が、自分の価値は高めに売れます。なので、転職活動は、必ず在職中に行いましょう!!!!】
スポンサーサイト
副業(アルバイト)を会社に知られないようにする対策
会社に勤めていて、別収入を得るためにアルバイトをする場合、勤めている会社にバレないようにするにはいくつか対策を立てなければなりません。

1)物理的にアルバイトをしている現場を見られないアルバイトを選ぶ
2)別所得がある場合、別所得分の税金申告を“乙”の扱いにして、申告をする



1)のオススメ
◎以下の様なサイトから副業(アルバイト)OKとなっているアルバイト先を探す。
そして、倉庫作業など、多くの人目につかないアルバイトを探す。
 (実際、私が、現在この方法でアルバイトをしています)

◎もし、専門的なスキルをお持ちの方は、そのスキルを活かしたn職がベスト。

2)のオススメ
所得の税金区分として申告時に2種類あります。
・“甲”主たる所得
・“乙”主たる所得以外
基本、正社員で働いている会社の収入は“甲”扱いになるのですが、
副業(アルバイト)をした収入も“甲”の扱いになっていた場合、地方税の請求が本業(正社員)の会社に伝わってしまう事になるそうです。
それを防ぐためにも、副業(アルバイト)の収入を“乙”扱いにして、確定申告の時に、副業(アルバイト)の収入の地方税の請求を『普通徴収(直接、本人に地方税の請求がくる)』で申告すれば、本業(正社員)の会社に伝わらないという話しです。
※ちなみに、この地方税の請求を『特別徴収(主たる収入のある会社から徴収)』にしてしまうと、会社にばれてしまいます。

副業(アルバイト)の豆知識として、いかがですか?
※上記情報は、あくまで私個人が調べた情報ですので、内容の責任は持てません。
 各自、色々情報を集めて対策を講じましょう。
確定申告のススメ
毎年2月後半から3月上旬は確定申告の時期。

でも、我々サラリーマンは、会社のほうで年末調整をしてくれるので、「自分には無意味!」と思っている方も多いようですが、やりようによっては、いくらかはお金が戻ってくる場合があります。

それに、いまでは【e-tax】という、ネットで自動的に金額計算をしてくれるサイトも立ち上がり、一昔前の様に、難しい計算方法をイチイチ調べなくても良い方法もできてきました。
【e-tax:国税局HP】http://www.e-tax.nta.go.jp/


◎お金が戻ってくるケース【意外と多く払っている医療費を家族でまとめて申告】
(2011年の場合)
医療費の総額が10万円を超えた場合、その超えた分が還付の対象となります。
※所得金額が200万円以下だと、10万円以下でも医療費控除が受けられます。
申告できるのは、医療機関で支払った自己負担分の医療費、薬局で支払った薬代、通院に要した交通費などです。
治療目的であれば市販の風邪薬や胃腸薬、湿布薬などの代金も申告できます。
この医療費は、生計を一緒にしている家族の総額で計算するので、一度、1年間の医療費の総額を計算してみてはいかがでしょうか。
【くわしくは国税庁HP】http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

現在の不況だからこそ、面倒がらずに、サラリーマンも色々税金対策をしてみてはいかがでしょうか。
低価格生命保険【ネット生保】
生活をするのにもお金が無い状態で“民間の保険に払う余裕は無い!”方も多いと思います。
でも、家庭をお持ちの方は、民間の生命保険に入っていない状態ですと、いざという時に不安があるでしょう。

“お金が無い”でも“安心は欲しい”という方の選択肢として、価格が安い【ネット生保】という選択肢を少しご紹介します。

◎【ネット生保】とは
その名の通り、インターネットで手続きが行える生命保険のことをいいます。

◎【ネット生保】のメリット
第一に“掛け金が安い!”のが魅力。
通常の生命保険に比べると【ネット生保】は安いです。(営業的な担当者が付かない分、安くなっているのでしょうね)
それに、インターネットで商品選びや申込みが出来るので、365日24時間いつでも申し込みができます。

◎【ネット生保】のデメリット
商品タイプが比較的少ないので、選ぶ範囲が狭まってくるかと思います。
インターネットで商品選びをするのである程度の保険の知識が必要になる場合があります(コールセンターがあるネット保険だと、比較的楽ですが…)
メリット/デメリットはありますが、低収入だけど、家族のために保険を考えているかたは、選択肢の1つとして考えてみても良いのではと思います。


【広告】◆生命保険・医療の見直し情報・無料相談の保険マンモス
健康保険給付
■健康保険給付とは
全国健康保険協会ホームページからの抜粋】
被保険者の業務外の疾病、負傷、死亡及び出産、その被扶養者の疾病、負傷、死亡及び出産について、保険給付を行います。

*************

つまり、被保険者(自分)と被扶養者(自分の家族)が、仕事以外のことで病気にかかったり、けがをしたり、出産をした場合および死亡した場合に、医師の診療を受けたり、決められた各種の給付金を現金で支給してもらえることです。
いくら、国の健康保険が高くても、家族がいて大病などにかかった場合、保険料払っておかないと、もしもの時に厳しい状況になるかもですね。

健康保険の加入は、お近くの市役所(区役所)に問い合わせてくださいね。

copyright © 2017 低収入でも幸せな家庭を築く方法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。